久留米高収入アルバイトエース

稼ぎたい女の子のための求人情報

このページでは、身分証の必要性と取得の方法についてご案内いたします。女の子が安心して沢山稼げる環境を提供するために、法律に遵守した営業を行っています。そのため、実際にお仕事に就いていただくまでの間に必ず身分証明書にて確かな身元の確認を行わせていただいています。 では、確かな身分証明をするためには何が必要なのでしょうか?

どうして身分証が必要なの?

風営法では、『お客様に接する業務に従事する者(つまり女の子)の就労資格確認』が義務付けられているため、警察へ営業許可の申請が必要です。 「法律に遵守した営業」を行っている「法律に則った営業」の一環として、必ず女の子に身分証の提出をお願いしています。もし、本人の申告のみを信用して従業員を採用後、実は年少者や外国人だった場合、立派な犯罪となり処罰されてしまいます。

頑張って働きたいという気持ちはあっても、身分証が無い、用意するのがめんどう…。だから身分証の提出の必要のないお店へ…と、お考えの女の子も沢山いるでしょう。 しかし、これには大きな落とし穴が待っています。身元の確認を正しく行わないお店は法律に則った営業を行っていないということです。 つまり違法営業をしている可能性が非常に高いお店です。お店が摘発されたら、そのお店で働いている女の子も罰せられます。知らなかったじゃ済まされません。安全に沢山稼いで、楽しい日々を過ごすためにも、正式に身分証として認められたものを準備しましょう。

風俗営業法ってなに?

では、『風営法』とは一体どういう法律なのでしょうか?聞いたことはあっても詳しくは知らない人が多いかと思います。 『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』の略称で、風俗営業を対象に決まりごとが定められた法律が『風営法』です。 一口に風俗といっても、様々な種類の業種が存在します。 ダンスクラブ・ダーツバーやマージャン店・ゲームセンター等、これらの娯楽施設はすべて風俗店に分類されます。 風俗営業は、社会にとって必要な存在であるが油断をすると風俗環境を乱したり売春営業に移行するおそれがある営業と考えられ、行政が「業務の適正化」に積極的に関わるという意図で制定されました。 また現在では、性や売春だけでなく、賭博行為の防止、青少年の保護育成という目的をもふまえた制度になっています。

利用できる身分証 利用できない身分証

提出をおねがいしている身分証は、官公庁にて発行され生年月日・本籍が記載されているものに限られます。 身分証明書といっても、運転免許証、保険証、資格証明書、学生証、社員証など数多く存在します。 それでは実際に利用できる身分証とそうでないものを見ていきましょう。

★身分証として利用できるもの

・住民票の写し(本籍が記載されているもの) ・住民基本台帳カード(本籍・生年月日が記載されているもの) ・戸籍謄本・抄本 ・旅券(パスポート) ・運転免許証(注:新型免許証は本籍情報がIC化され目視できないため利用できません) ・外国人登録証(日本国籍をお持ちでない方) などなど...

発行する都道府県により、記載されている情報が異なる場合があります。必要な情報である本籍と生年月日が記載されているかどうかを事前に確認しましょう。

★身分証として利用できないもの

身分証として様々な場面で活用されている保険証は、本籍が記載されていないため、法的な身分確認が必要な場合は、身分証として認められない場合があります。 また、卒業アルバムなどを身分証明として許可している風俗店が意外にも沢山あるようです。 本籍と生年月日が記載されていないものでもOKとしているお店は、たんに年齢確認をおこなっているだけです。こういったお店は、警察の監査が入った場合、正式に就労資格確認ができないので処罰されてしまう危険が高くなるので気を付けましょう。

使える身分証がない場合

★面接当日に体験入店を希望しない場合

面接当日に体験入店を希望しない場合は、面接を終えたのち採用が決まってから実際にお仕事に就くまでの間に身分証をご用意いただければ大丈夫です。面接当日には身分証は必要ありません。 身分証が必要になるのは後日になるので、とりあえず面接をおこなってみましょう。 面接終了後、当スタッフがあなたの状況に応じた身分証取得のアドバイスやお手伝いをいたします。

★面接当日に体験入店を希望する場合

面接当日に体験入店をご希望の際は、いくら体験とはいえ、実際にお仕事をしていただく訳ですので身分証の確認が必要となります。 面接当日までに身分証を準備しておかなくてはなりません。 それでは、一番手っ取り早く手に入れられる身分証とは? それは、住民票の写しです。 安く・早く・日本人であれば誰でも取得できて、公的に信頼されているため、どんな時でも使えます。(効果は運転免許証と同じ!)